海王星

金融占星術

惑星たちのダンスとマーケット(金融占星術2022/3/28~)

3月29日から4月5日にかけて、愛と戦争の神々(火星と金星)が土星と合する展開。その後4月12日に木星が魚座の海王星と合し、続いて4月の最終週に金星が、精神的な至福と協力の象徴であるこの2つの星に移項します。
金融占星術

西洋占星術の観点からの株式金融市場の動向(2022/3/7~の週)

戦争が勃発すると、金融市場の予測は決して容易ではありません。 経済や株式市場への影響について誰もが悲観的になるが、多くの場合、株式市場は当初予想されたほどには下落しないことが多い。下落幅が大きいのはむしろ経済危機の結果である。
金融占星術

2月から3月にかけての見通し。金融占星術(2022/2/7~の週)

金融・株式の動きと、メリマン氏の西洋占星術。注目の星の動き:水星逆行、太陽が土星・天王星スクエアに絡む、冥王星、金星火星合、海王星・木星合、米国冥王星リターンなどについて。
金融占星術

短期的には水星と金星の逆行、中期的には海王星・木星合の影響(金融占星術2022/1/24~の週)

FRBは2週間前にインフレ対策として早期の利上げを発表しましたが、今度は中国が逆のアプローチを発表しています。 中国は、低迷する自国経済を支えるために金利を引き下げようとしています。歴史が未来を導くとすれば、中国の発表は自国の株式市場を支えるはずですが、FRBの発表は明らかに自国の株式市場を支えてはいません。2つの異なる病気と戦うための2つの異なる薬、そしてそれぞれのケースで、結局はもう一方の病気を引き起こすかもしれない。典型的なトリックスター(水星逆行)のジレンマであり、選択しなければならないときに、どちらの戦いが価値があるのだろうか?
金融占星術

西洋占星術で激動の金融・株式相場を見ると(2021/12/6~の週)

ここ2週間足らずの間に、多くの株式市場は7~8%下落している。大衆や政府指導者の心理は海王星を反映しているようですが、実際の市場の動きは、12月24日に最終的に正確な通過となる土星と天王星のスクエアに似ています。
金融占星術

米国アフガン情勢と火星/海王星のハードアスペクト(2021/8/30~の週)

西洋占星術は、今日世界で何が起こっているのか、そして今週私たちが何を見続けるのかについての洞察を提供します。現在魚座の海王星に対抗する乙女座の火星の配置ですが、世界が目撃しているように、これは惑星のエネルギーの危険な混合である可能性があります。火星は侵略と反抗、海王星は非常に非合理的です。
金融占星術

アメリカのつまずきと天王星/土星の符合(金融占星術2021/8/23~の週)

月は民衆の気分を表しており、これは国の指導者の人気にも影響を与えます。月は、米国の太陽が位置する蟹座を支配しています。月は太陽のディスポジターで、それらの人々は太陽にルール(支配)され、また太陽-大統領のような指導者、は、冥王星の月への通過の影響も受けることになります。バイデンの人気は、よく考えられた計画の欠如が問題に何をもたらすかを予期せずに、アフガニスタンで制定された撤退の彼の(誤った)取り扱いの結果としてちょうど南に行きました。
金融占星術

市場の陶酔とヒステリックは海王星と魚座の強調(2021/03/08~)

この週刊金融占星術シリーズ記事は、毎週土曜に発表されるレイモンド・メリマンの金融占星術レポートを、意訳し、独自編集で毎週お届けしているものです。株式市場、金融マーケット、世の中の動きについて、次週とこれから先を占星術で予測したもので、メ...
金融占星術

海王星と魚座の強調される時に起こること(2021/3/1~金融占星術)

2月の終わりの相場の下落のアストロロジー的な理由。また、3月は海王星とうお座で強調表示されている期間に入ります。陶酔感の時期。金融・株式市場にとってどういう影響があるのでしょうか。
金融占星術

海王星・冥王星とトランプ大統領の逆転勝利の可能性(2020/11/23~金融占星術)

株式市場爆上げからの下げ局面に入った先週の相場。米大統領選挙はバイデン氏に決まったのか?トランプ氏のホロスコープと現在の星回りから、今後の可能性を示します。