西洋占星術

西洋占星術

金融占星術での年末までの株価(2022/11/28~の週)

木星の有利なサインは終わったが、この市場の下にはまだしばらく射手座のエネルギーが残っており、射手座は木星が支配するサインである。 太陽、水星、金星は12月第1週まで存在し、引き続き株価を上昇させる可能性がある。 しかし、12月前半は木星から海王星に集団心理の主導権が移ることに注意する必要がある。 海王星は木星とよく似ており、共に原油を支配している。
西洋占星術

金融占星術での世界の流れ(2022/11/21~の週)

木星と海王星、そしてその支配星座である射手座と魚座は、原油価格を支配しており、今後1ヶ月間、それぞれ注目されます。 火星は、他の惑星とハードアスペクトを形成するたびに、金融市場の引き金となる。特に、その惑星に関連する金融市場の分野に関係がある。
金融占星術

株式金融市場を占星術で解説(2022/11/14~の週)

天王星が絡むハードアスペクト、月食、そして水曜日から金曜日にかけての双子座の非常に不安定な月と完全に一致し、今週も荒れた週となった。
金融占星術

月食と米中間選挙と金融占星術(2022/11/7~の週)

これからの1週間は、火曜日に牡牛座の月食(太陽は蠍座)があります。 月食とは、地球の影によって月の景色が遮られること。 太陽と月の間に地球がある。 そのため、満月が暗示する対立が強まるという意味で、「特別な」満月となります。 占星術でいうところの葛藤の時期であり、それが意識の高まりの時期へと移行することもあるのです。
西洋占星術

強気相場なのか弱気相場なのか(金融占星術2022/10/31~の週)

9月最終週に木星をミッドポイントにした土星スクエア天王星の最終通過と、それぞれへのセミスクエアを経て、今の米国株式市場はかなり強気な印象がある。DJIAとS&Pは金曜日に月間最高値を更新し、前者は連日で上昇した。
金融占星術

土星の直行転換など(金融占星術2022/10/24~の週)

宇宙の花火はまだ終わりません。今週末は土星の逆行が終わり、土星に関わる留はたいてい、気難しいメッセージを持っています。 土星は「損失」を司り、特に政府関係では、目標達成の失敗や遅れを招くことが多い。
金融占星術

火星と海王星のスクエア(金融占星術2022/10/17~の週)

10月12日に受動的・攻撃的な火星と海王星のスクエアが起こり、10月13~14日には双子座の月と同じく空気のサインである天秤座の太陽がムチのように動く週であった。
金融占星術

星の動きとマーケット(2022/10/10~の週)

それは今年最大のジオコスミックな合流であり、その期待に応えたものでした。 2022年9月21日から28日までの45年間の土星と天王星のスクエアの最終通過に木星ダブルセミスクエアが重なり、先週末の10月2日に6惑星の逆行(トリックスターである水星逆行を含む)が終了したことである。
金融占星術

惑星の動きと今の世界のマーケット(2022/10/3~の週)

水星逆行サイクル中(9月10日~10月2日)は大荒れでしたね。 ジオコスモスの観点から見ると、木星、土星、天王星が互いに「ハード」なアスペクトを持つ、今年最も強力な天体パターンと重なったからだ。
金融占星術

金融パニック進行中(2022/9/26~の週)

過去数週間にわたって説明してきたように、土星と天王星の間の4回目で最後の衰退するスクエアの中間点から木星(誇張、ヒステリー)がダブルセミスクエアを形成している時間帯の真ん中に位置している。そして、水星逆行中の天王星の強力なアスペクトによるパニックが進行中です。