西洋占星術

西洋占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/2/6~)

健全なお金。 なんと古風な概念だろう。 2008年1月に冥王星が山羊座を15年かけて通過するまでは、この概念が非常に有効であった。 冥王星が山羊座から水瓶座を通過する次の20年の旅に出る準備をしている今、これまでにない金融・財政政策の実験を行っていた時代は、その目的を果たしたと言える。
金融占星術

目先の方向感は(金融占星術2023/1/30~の週)

先週は、世界のほとんどの株価指数が非常に良いパフォーマンスを示しました。 いくつかの株価指数は今年の最高値を更新した。 12月の高値を更新したものもあれば、1月12日から22日の三惑星直行移動期間中の高値を再トライしたものもある。 このように、基本的なトレンドの検証は、強気派と弱気派の戦いとなりつつある。
金融占星術

短期中期の金融・株式を占星術で読む(2023/1/23~)

レイモンドメリマンの1/20付け週刊レポート訳 この週刊金融占星術シリーズ記事は、毎週土曜に発表されるレイモンド・メリマンの金融占星術レポートを、日本語訳し、独自編集で毎週お届けしているものです。株式市場、金融マーケット、世の中の...
金融占星術

レイモンドM週報(2023/1/16~)

先週末の火星直行転換劇は、世界の主要株価指数の大幅上昇と重なり、すべての弱気専門家に対する復讐劇のようだった。 1月18日まで逆行中の水星も、これ以上ないほど喜んでいる。
金融占星術

年明け金融市場の占星術的予測(2023/1/9~)

不誠実な人々は、金、権力、そして正直な人々の3つに惹かれる。 彼らは、前者2つを盗み、乗っ取るための隠れ蓑として後者を必要とする。 冥王星が水瓶座の0度を行ったり来たりし、土星が魚座を通過する2023年3月から2026年にかけて、政治や企業における過激派の動きは、腐敗と操作の頂点に達する可能性が高いのだ。
金融占星術

レイモンドメリマンの週報(2023/1/2~の週)

レイモンドメリマンの12/30付け週刊レポート訳 この週刊金融占星術シリーズ記事は、毎週土曜に発表されるレイモンド・メリマンの金融占星術レポートを、日本語訳し、独自編集で毎週お届けしているものです。株式市場、金融マーケット、世の中...
金融占星術

年末の株価(金融占星術2022/12/19~の週)

直近の宇宙の情勢はカオスとコンフュージョン(混乱)であると言える。 混乱(海王星)から再び混乱(天王星)へと移行しつつある。 この事態を解決するには、2週間ほどかかるかもしれません。 しかし、その前に、トリックスターである水星逆行が、もう一回、迫ってきています。
金融占星術

今後の世界の流れ(金融占星術2022/12/12~の週)

海王星のクラウド-靄が、今週も投資家の見通しを曇らせている。 最も顕著なアスペクトは、12月14日に太陽が海王星とスクエアになることである。 この日は米国のCPI(インフレ率)統計の翌日で、この統計によって市場はようやく曇り(あるいは霧か)から解放される可能性が非常に高い。
西洋占星術

金融占星術による株価予測(2022/12/5~の週)

水曜日にパウエルFRB議長が「利上げは終わらないが、上昇ペースを緩める可能性がある」とコメントしたことで、世界の株式市場は年末の喜びが続いています。 このニュースを受け、12月1日(木)~2日(金)には世界のほとんどの株価指数がサイクルの最高値を更新し、場合によっては8月中旬につけた前回のプライマリーサイクルの高値を上回った。
西洋占星術

金融占星術での年末までの株価(2022/11/28~の週)

木星の有利なサインは終わったが、この市場の下にはまだしばらく射手座のエネルギーが残っており、射手座は木星が支配するサインである。 太陽、水星、金星は12月第1週まで存在し、引き続き株価を上昇させる可能性がある。 しかし、12月前半は木星から海王星に集団心理の主導権が移ることに注意する必要がある。 海王星は木星とよく似ており、共に原油を支配している。