西洋占星術

金融占星術

株式・金融市場の転換シフト?占星術で読む(2021/6/21~の週)

何かが変わったような気がします。 巨大なシフトの象徴である土星のスクエアの天王星の2番目の通過を終えたばかり。木星と海王星が強調表示されあらゆるものに極端さ劇的さが求められます。
金融占星術

木星うお座期間と天王星土星のスクエア、水星逆行(2021/6/14~の週金融占星術)

水星逆行の真っ只中。強力な土星/天王星のスクエアの2番目(3つのうち)の通過中で、これはおそらく2021年を支配的する最も重要な地球宇宙イベントです。木星と海王星は「不合理な熱狂(バブル)」行動の象徴ですが、逆行(留)によって強まります。
金融占星術

株式市場はどう動くか、金融占星術では要注目時点の6月(2021/6/7~の週)

水星は魚座の海王星へのスクエアの逆行を始めており、混乱と誤解や意図的な誤報の兆候となります。 海王星と魚座は、水星の逆行に似て、噂や誤報と関係があります。人々は実際に起こっていることに注意をそらされているかもしれません。
金融占星術

アメリカ冥王星リターンと金融市場の行方(2021/5/31~の週)

水星逆行期間は5月30日から6月22日です。6月11日に日食が近づき、「ミュータブルな狂気」の数週間と見なします。ワイルドでエキサイティングですが、突然の出来事、予期しない政策の変更、金融市場を揺るがし、社会不安やポピュリストの蜂起と一致する可能性。多くの誤った噂に満ちている期間。
金融占星術

今年3回あるうちの2回目の山場?金融占星術で見る相場(2021/05/17~の週)

5月17日から、7月中旬まで、強力なジオコズミック帯の今年2回目の期間になります。土星スクエア天王星の3回のうち2回目の通過で、世界の出来事と金融市場の傾向の観点から最も注目に値します。それだけでなく、日食や惑星の逆行もあり、目が離せません。
金融占星術

世界の株式市場は貪欲vs恐れ、木星うお座イングレスにあたり(2021/5/10~週刊金融占星術)

木星がうお座に移動するのは5月13日から7月28日まで。木星の主な原則は、誇張、拡大、成長、そして楽観主義などです。うお座のサインは想像力に富んでいますが、知的よりも感情的で直感的です。「不合理な熱狂」からヒステリーやパニックまでのより感情的に駆動される集合心理を意味します。
金融占星術

明るく大胆な未来の新しい知的イデオロギー(天王星)と、過去の現実(土星)との間の闘争(金融占星術2021/5/3~の週)

天王星が4月22日から30日まで、おうし座で水星、金星、太陽によって結合され、突然の急激で短命な逆転に満ちた、世界の金融市場にとって奇妙で混沌とした週となりました。天王星が強調表示されている期間は、通常、驚きと突然の変化で満たされています。
金融占星術

試練の悲しみの涙の時代は終わり、人はまだ涙を感じ始めますが、今回の涙は思いやりと希望(金融占星術2021/4/26~の週)

天王星はデジタル問題に関係し、結合は牡牛座で行われています。 牡牛座はマネーと通貨の星座です。マーケットに突然の逆転が起こりやすいでしょう。長期的には天王星・冥王星と土星がからむ変革期が続いています。
金融占星術

好調な相場でも天王星の影響がいつ噴出するのか気にかかる(2021/4/19~の週)

天王星の通過に関連する、株・金融のブーム/バストパターン(トレンド上昇と暴落パターン)は占星術上どの星が回ってきたときでしょうか?ビットコインがブーム&バストするか?
金融占星術

天王星に絡んだ星回りがどう相場に影響してくるか(金融占星術2021/4/12~の週)

4月後半から5月上旬にかけて、占星術的な株式相場のシグナルが強力なものが出ています。まずは、金星と太陽の両方が山羊座の冥王星にスクエアのアスペクトであり、通貨の価値、金融、金利、税金に影響があるでしょう。