西洋占星術

金融占星術

米国チャートで冥王星のリターンによって特徴づけられる迫り来る債務危機の次の段階(2021/8/9~の週)

土星は天王星への衰退するスクエアの真っ只中にあり、妥協できない機能不全の政府(議会)は、彼らの行動または必要なときの行動の欠如によって、通常の日常活動に大混乱と混乱をもたらす可能性があります。土星は時間です、締め切りのように。天王星は、あらゆる種類の締め切りや境界についてあまり気にすることができません。
金融占星術

高騰か急落か?両方の可能性がある星回り(金融占星術2021/8/2~の週)

今年のメインな星回りは土星と天王星のスクエアですが、8月はそこに対して太陽がTスクエアになります。ただ金星の絡みもあります。これは相場としては、逆転シグナルが複数重なっていることになり、価格変動・取引量が活発になることを示唆しています。
金融占星術

土星/天王星サイクルと金融株式市場(2021/7/19~の週)

7月13日火曜日に獅子座での官能的な金星/火星の合が展開されたため、いくつかの世界株価指数が史上最高値を更新しました。魅力攻撃は終わりました。しかし、それは現実に戻り、新しい宇宙エネルギー(つまり、投資コミュニティにとってより大きな新しい問題)が注目されてくるでしょう。
金融占星術

混乱と凋落か、今後の金融市場(金融占星術2021/7/12~の週)

天王星では、金融市場のキーワードは不安定で、破壊的で、突然で、予想外です。天王星は水星のより高いオクターブであり、トリックスターのように、その勢いは突然変化する可能性があります。主な違いは、天王星では、価格の変動が通常、マーキュリーの逆行で示されるものよりもはるかに急であるということです。
金融占星術

アメリカ相場は上昇中だが、波乱にも警戒(金融占星術2021/7/5~の週)

今週は、みずがめ座の土星とおうし座の天王星へのスクエアに対し、しし座の火星がTスクエアで通過します。天王星では、突然、予期せぬ逆転が起こることがよくあります。土星では、通常、ストレスと欲求不満が過剰にあります。火星は動きの速い惑星であり、積極的に行動することをいとわないあらゆるイベントや態度に強力なパンチを詰め込みます。
金融占星術

暴落は回避。もう安心か、それとも・・(金融占星術2021/6/28~の週)

7月1日~9日まで、もう一度、重要な高値または安値を形成し、その後、別の急激な反転が続くことが予想されます。金星と火星の両方が土星/天王星に対してTスクエアを作成するためです。火星は特に強力であり、株式市場は天王星や木星の厳しい側面の下で突然逆転する可能性があります。
金融占星術

株式・金融市場の転換シフト?占星術で読む(2021/6/21~の週)

何かが変わったような気がします。 巨大なシフトの象徴である土星のスクエアの天王星の2番目の通過を終えたばかり。木星と海王星が強調表示されあらゆるものに極端さ劇的さが求められます。
金融占星術

木星うお座期間と天王星土星のスクエア、水星逆行(2021/6/14~の週金融占星術)

水星逆行の真っ只中。強力な土星/天王星のスクエアの2番目(3つのうち)の通過中で、これはおそらく2021年を支配的する最も重要な地球宇宙イベントです。木星と海王星は「不合理な熱狂(バブル)」行動の象徴ですが、逆行(留)によって強まります。
金融占星術

株式市場はどう動くか、金融占星術では要注目時点の6月(2021/6/7~の週)

水星は魚座の海王星へのスクエアの逆行を始めており、混乱と誤解や意図的な誤報の兆候となります。 海王星と魚座は、水星の逆行に似て、噂や誤報と関係があります。人々は実際に起こっていることに注意をそらされているかもしれません。
金融占星術

アメリカ冥王星リターンと金融市場の行方(2021/5/31~の週)

水星逆行期間は5月30日から6月22日です。6月11日に日食が近づき、「ミュータブルな狂気」の数週間と見なします。ワイルドでエキサイティングですが、突然の出来事、予期しない政策の変更、金融市場を揺るがし、社会不安やポピュリストの蜂起と一致する可能性。多くの誤った噂に満ちている期間。