金融占星術

金融占星術

精神分裂的な相場?(金融占星術2022/5/16~の週)

2021年に土星が天王星を3回スクエアーしたとき、世界の株式市場は史上最高値または数年ぶりの高値を更新している。暴落か、それとも数年ぶりの高値を更新する大暴騰の後、再び反転するのか、どちらかに備える必要がある。
金融占星術

牡羊座の木星と相場の関係は(金融占星術2022/5/9~の週)

先週は、FRBが3/4ポイント利上げするのではないかという懸念で始まりました。このため、月曜日の米株は大きく売られました。水曜日、FRBは大方の予想通り1/2ポイントの引き上げを発表し、市場は高揚感に包まれ、DJIAは900ポイント以上上昇した。しかし、その翌日には市場は1000ポイント以上下落し、すべては完全に没収された。
金融占星術

米株の下落と金融占星術的な要因(2022/5/2~の週)

先週の株式市場は、先週の金星・木星・海王星のコンジャンクション(楽観と幸福感がヒステリーとパニックに変わる)と、蠍座と牡牛座の月のノード(悲観と不安、負債と経済の減速に関連)とTスクエアの土星のトランジットが、ニューヨーク株式市場のチャートで水星と冥王星の固定スクエアにそれぞれ接続して、宇宙の対立を反映したものであった。
金融占星術

何かがおかしい金融市場(2022/4/25~の週)

ファイナンスアストロロジャーとしては、金星が木星と海王星との合に向かう4月27日から30日は、祝賀と楽観の時であると考えるだろう。しかし、この1週間は、ほとんどの金融市場にとって良い結果にならなかった。なぜだろう。金融占星術で説明できるのだろうか?
金融占星術

木星が牡羊座に入る時(by レイモンド・メリマン)

今週はレイモンド・メリマン氏の週間のコラムはお休みで、サイトには以下のレポートが掲載されていました。和訳になります。 注意:今週は週刊のコラムはありません。その代わりに、2022年5月10日から始まるジオコズミックなサインで...
金融占星術

木星と海王星の合がどうでるか(金融占星術2022/4/11~の週)

先週は、水瓶座22度で、火星と土星の緊迫したシノディック・サイクル(合)を目撃し、牡牛座24度・蠍座のノード軸とスクエア・アスペクトになっています。古典占星術では、火星は「力」を、土星は「抵抗」を司る。このふたつが一緒になると、動こうとしない状況を変えようとする膨大なエネルギーが費やされる時期であることを示すことができる。
金融占星術

緊張と対立のピークは近い?金融占星術(2022/4/4~の週)

全体として、先週は、土星へのトランジットをかなり反映していて、未来への拡大や楽観よりも、縮小、フラストレーション、未来への心配の原則を表している。火星と土星のコンジャンクションが、プーチン大統領の出生時の冥王星と正対するため、その緊張と対立のダイナミズムは今週ピークに達するかもしれない
金融占星術

惑星たちのダンスとマーケット(金融占星術2022/3/28~)

3月29日から4月5日にかけて、愛と戦争の神々(火星と金星)が土星と合する展開。その後4月12日に木星が魚座の海王星と合し、続いて4月の最終週に金星が、精神的な至福と協力の象徴であるこの2つの星に移項します。
金融占星術

惑星サイクルと今後の世界(金融占星術2022/3/21~の週)

今、ウクライナで起きていることは、地球上の大多数の人々にとって不穏であり、極端なことです。それは、土星と天王星の下降するスクエアのネガティブな面を反映しています。しかし、この極端な行動や被害に対して反抗し、反対することで、世界をひとつにまとめ、世界レベルで絆を深めるという、ポジティブな効果をもたらしています。
金融占星術

木星と海王星の合を前に(金融占星術2022/3/14~の週)

木星、海王星、魚座は、大きな力への信仰、奇跡への信仰、そして新しい世界の殉教者や英雄の出現のためにあらゆる困難に立ち向かうヒロイズムの存在の重要性を指摘しています。今こそ、専制君主ではなく英雄、聖人や徳のある人になるべき時であり、欺瞞、操作、裏切りによって他人が自分に寄せる信頼を冷笑的に裏切る人であってはならないのです。