西洋占星術

金融占星術

2020年8/10~8/14の相場と占星術、先の見通し

燃える火星は、燃える牡羊座にあり、木星・冥王星・土星の山羊座の星たちにタイトにハードなトランジットを開始しました。2020年8月は火星の影響が出る半年間での最初の山場です。金融占星術的にどういう事が予想されるのでしょうか。
金融占星術

2020年8月第1週からの金融占星術

今年は占星術的特別な年。2020年12月冬至の後、太陽と木星と土星が山羊座(伝統、過去、古い時代のしるし)を去り、水瓶座(未来のしるし、宇宙の新時代)に向かう。希望があるが、星の配置からは8月からは波乱の警告、マーケットは暴落注意か。
西洋占星術

マドモアゼル愛先生の「月の読み方」(続)月星座ごとの欠損

前記事 マドモアゼル愛先生の「月の読み方」まとめ では先生の、新たな月に対する西洋占星術での解釈についてユーチューブの内容をもとにまとめていました。前回マドモアゼル愛先生の「月の読み方」まとめ 今回は、各星座宮に月がある場合(生まれ...
西洋占星術

マドモアゼル愛先生の「月の読み方」まとめ

ユーチューブで発信され、先生独自の「月」の解釈を公開されています。これまでの西洋占星術での、月のとらえ方とは違い、欠けているもの『欠損』であるとし、そう考え、気づくことで本当の自分、本当の人生、が見えてくるとおっしゃいました。 私も...
金融占星術

2020年7月27日の週の金融占星術

優れたマーケットアナリストであり、卓越したアストロジャーであるレイモンドメリマンの無料週刊レポートをもとに週刊金融占星術の見通しを書いています。8月に入ると火星が木星・冥王星・土星に凶角となります。どうゆう心構えが必要でしょうか。
金融占星術

2020年7月後半~8月の金融占星術的見通し

2020年の8月は火星、木星、冥王星、土星、さらには天王星、そして経過の太陽が、絡むことで、過熱さと活気がある一方、危険もはらんだ配置になる期間があります。株・金融市場の急落、急騰の波乱があるかもしれない。引き金は自然災害か人災かは分かりません。
金融占星術

7月中旬以降の金融占星術/まもなく太陽がオポジションの局面突入

金融占星術から見た2020年7月3週目の見通し。水星逆行が終わり、間もなく、トランジットの太陽が、山羊座の木星冥王星土星にオポジションとなるのは何を示すか。波乱は避けられない?が海王星と木星に注目すると希望もある。
金融占星術

なぜドルとハイテク株ラリーが投資家にとって「本当のリスク」なのか/ガンドラック氏

債権投資家でありダブルライン・キャピタルCEOのジェフリー・ガンドラック氏がヤフーファイナンスのインタビューに答えた内容です。ドルの衰退の理由と、ハイテク株が高値更新を続けることの理由。その危険性について。
金融占星術

2020年金星逆行と相場の相関/7月の占星術的見通し

2020年7月の占星術からみた、世相、経済、相場について。火星が牡羊座に長期滞在を始めました。水星と火星のスクエアが意味するところは?相場にどう影響するのか。戦争の象意だが、そこまでは起きない?
金融占星術

2020年6月~7月1週目の金融占星術考察

金融占星術(マンデンホロスコープ)的な星の配置と、社会経済金融相場の相関を考えていきます。金星逆行終了の影響結果。冥王星と 木星の合、プラス土星が山羊座に戻る時、社会的な影響はどうでるか?パンデミックはいつまでか?など