冥王星

西洋占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/2/6~)

健全なお金。 なんと古風な概念だろう。 2008年1月に冥王星が山羊座を15年かけて通過するまでは、この概念が非常に有効であった。 冥王星が山羊座から水瓶座を通過する次の20年の旅に出る準備をしている今、これまでにない金融・財政政策の実験を行っていた時代は、その目的を果たしたと言える。
金融占星術

年明け金融市場の占星術的予測(2023/1/9~)

不誠実な人々は、金、権力、そして正直な人々の3つに惹かれる。 彼らは、前者2つを盗み、乗っ取るための隠れ蓑として後者を必要とする。 冥王星が水瓶座の0度を行ったり来たりし、土星が魚座を通過する2023年3月から2026年にかけて、政治や企業における過激派の動きは、腐敗と操作の頂点に達する可能性が高いのだ。
金融占星術

荒れる世界の株式のこの先(金融占星術2022/6/20~の週)

金星が天王星とコンジャンクション(6月11日)、土星と天王星の「トランスレーション:変換」と言われるスクエア(6月18日)を目撃し、ちょうど真ん中に太陽のスクエア海王星がある週(6月16日)に、多くの市場は打ちのめされた。これらは "ミニパニック "のサインである。
金融占星術

アメリカのつまずきと天王星/土星の符合(金融占星術2021/8/23~の週)

月は民衆の気分を表しており、これは国の指導者の人気にも影響を与えます。月は、米国の太陽が位置する蟹座を支配しています。月は太陽のディスポジターで、それらの人々は太陽にルール(支配)され、また太陽-大統領のような指導者、は、冥王星の月への通過の影響も受けることになります。バイデンの人気は、よく考えられた計画の欠如が問題に何をもたらすかを予期せずに、アフガニスタンで制定された撤退の彼の(誤った)取り扱いの結果としてちょうど南に行きました。
金融占星術

アメリカ冥王星リターンと金融市場の行方(2021/5/31~の週)

水星逆行期間は5月30日から6月22日です。6月11日に日食が近づき、「ミュータブルな狂気」の数週間と見なします。ワイルドでエキサイティングですが、突然の出来事、予期しない政策の変更、金融市場を揺るがし、社会不安やポピュリストの蜂起と一致する可能性。多くの誤った噂に満ちている期間。
金融占星術

試練の悲しみの涙の時代は終わり、人はまだ涙を感じ始めますが、今回の涙は思いやりと希望(金融占星術2021/4/26~の週)

天王星はデジタル問題に関係し、結合は牡牛座で行われています。 牡牛座はマネーと通貨の星座です。マーケットに突然の逆転が起こりやすいでしょう。長期的には天王星・冥王星と土星がからむ変革期が続いています。
金融占星術

海王星・冥王星とトランプ大統領の逆転勝利の可能性(2020/11/23~金融占星術)

株式市場爆上げからの下げ局面に入った先週の相場。米大統領選挙はバイデン氏に決まったのか?トランプ氏のホロスコープと現在の星回りから、今後の可能性を示します。