週刊金融占星術

金融占星術

変異株と株価と占星術(2021/11/29~の週)

土星は2021年の最後3か月に海王星とセミスクエア(ハードアスペクト)になっています。このアスペクトは2022年のごく初期に過ぎ去ります。しかし、木星はその後、2022年4月中旬に海王星との合流点に近づきます。これは、危機が再び後退することを示唆する自由な動きと、それまでに自分自身とお互いを守ることを学ばなければさらなる問題を引き起こす可能性のある、過度の不注意の期間の両方を示すアスペクトです。
金融占星術

年末にむけて金融政策と株価(金融占星術2021/11/22~の週)

今回の月食は月が牡牛座にあります。 牡牛座の月は好ましい配置であるため、今回の月食がもたらす「危険」を克服できる可能性がありますが、今回1440年以来の歴史的な月食です。食が長ければ長いほど、サインが表す問題は持続します。牡牛座と蠍座の場合は、信用や負債、税金、監視、スパイや盗み見、裏での陰謀、排除、除去、改革などの概念に関わる問題です。
金融占星術

土星・天王星スクエアのピークと目先のマーケット(2021/11/15~金融占星術)

非常に活発な、11月4日から17日までの土星・天王星のスクエアに対する太陽・火星の強力なT字型のスクエアが終了します。11月17日には、地球を揺るがす火星が天王星と対立して終わります。ただし、11月19日の満月で余震があるかもしれません。これはすべて、さそりの針があるさそり座の最後の4度にあります。
金融占星術

テーパリングと米政治と金融占星術(2021/11/8~の週)

私たちは今、天王星の猛攻撃の真っ只中にいます。11月末にFRBが「テーパリング」プログラムを開始すると発表したことで、天王星の「ブレイクアウト」の性質がいつまで続くのか、そして、天王星の「リバーサル」の性質が始まるのかが注目されます。
金融占星術

金融占星術での週刊株式市場予測(2021/11/1~の週)

先週、ほとんどの世界の株価指数は好調に始まり、10月26日(火)までに頂点に達した後、木曜から金曜にかけて後退しました。しかし、一部の指数は再び上昇し、金曜日には史上最高値を更新し、今、新たな高チャージのジオコスミックタイムバンドがスタートしました。
金融占星術

週刊金融占星術による相場分析(2021/10/25~の週)

全体として、先週の市場行動は非常にジュピテリアンでした。つまり、株式市場は強気で、過去最高を更新したものもありました。株価指数の振る動きは、世界中でも、主要な地域でもありませんでした。しかし、45年間続いた土星と天王星の正確な衰退のスクエアの最後の通過が、金星が冥王星と連動しながら逆行した1週間後の12月24日に迫っています。
金融占星術

複数の惑星が逆行を終える(金融占星術2021/10/18~の週)

世界の株価指数は先週、水星が9月29日に逆行したとき、または10月7日から8日までの逆行サイクルの中間点近くで始まった安値に続いて急上昇しました。水星の木星通過中にあり、さらに10月18日(月)には水星が逆行を終え、木星も同様に逆行します。 しかし、このラリーは木星効果が弱まる来週以降も続くのだろうか?水星の逆行で始まったラリーも、3週間後に水星が順行になると終わることができるのか?
金融占星術

株式急落は水星逆行によるか?(金融占星術2021/10/11~の週)

水星逆行期間中は、誤解、矛盾する信号が発生する可能性があります。株式市場においても、予想外の動き、疑心暗鬼、情報の混乱が見られやすいとき。
金融占星術

逆行惑星が6個と多い10月のスタート(2021/10/4~の週)

世界の株式市場は先週力強く始まり、9月20日の安値から上手く上昇しました。しかしその後、マーキュリー・ザ・トリックスターは9月27日月曜日に逆行し、8月から9月初旬にかけての史上最高値および数年来の最高値だったところから、下落が始まり、この週の後半まで続きました。
金融占星術

起こりうる変化と改革(金融占星術2021/9/27~の週)

通過する太陽、金星、または火星が土星/ウラヌススクエアに困難なアスペクトを作るとき、金融市場は突然の急激な動きになりがちです。先週、世界の株価指数、貴金属、財務省、通貨、暗号がすべて突然逆転し、急激な動きを見せたため、今回も例外ではありませんでした。これは、世界政府と中央銀行のリーダーと恒大集団などの一部の会社からの、運命の驚くべき転機の発表と一致します。