金融占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/5/15~)

水星逆行(別名「トリックスター」)の最終週は、特に5月9日の太陽と天王星のコンジャンクションの後に、トレーダーにとって本当に厄介なものであることが判明しました。 この2つの乱れの典型的な形で、いくつかの金融市場はテクニカルな売買シグナルを無視し、「正常な」高値と安値の周期的な時間帯を歪めて表示させた
金融占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/5/8~)

レイモンドメリマンの5/5付け週刊レポート訳 先週の振り返りと星回り 労働統計局によると、非農業部門雇用者数は月間25万3千人増加し、ウォール街の予測値18万人増を上回りました。失業率は3.6%の予想に対して3.4%となり、1969年以来の...
金融占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/5/1~)

またしても水星逆行のジェットコースターのような展開となりました。 ほとんどの世界の株式市場は週半ばまで下落し、崖っぷちに立たされそうな勢いでした。 ところが、突然、どこからともなく、"トリックスター "は、先週火曜日にバイデン大統領が宇宙で最も高い地位に再出馬することを発表したことに、国家にとって、世界にとって、何か希望を見出したのだろう。
金融占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/4/24~)

牡羊座の最終度数分の大日食、水瓶座の第1度数分の冥王星のスクエアの週で、世界の株式市場…あくびをした。 世界中の人々が、ロケットの爆発、暴露、リーク、政治的隠蔽の発覚に釘付けになり、さらに、冥王星が強調された週の典型的な話題である、米国のクレジットデフォルトが近づいている可能性に対する不安も再燃していたのです。 しかし、世界の株式市場はほとんど動かなかった。
金融占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/4/17~)

世界の株価指数は、3月13日~20日の一次サイクルの安値から先週末まで上昇を続け、4月11日~21日の強力なジオコズミック的反転ゾーンが襲いかかったのは、金星と土星のスクエアであり、小売売上高(金星)に失望した(土星)ことがきっかけで上昇を続けました。
金融占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/4/10~)

レイモンドメリマンの4/7付け週刊レポート訳 先週の振り返りと星回り 労働省が金曜日に発表した今月の雇用者数は、ダウ・ジョーンズの予想238,000人に対し、236,000人となった。失業率は3.6%を維持するとの予想に対し、3.5%に低下...
金融占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/4/3~)

レイモンドメリマンの3/31付け週刊レポート訳 先週の振り返りと星回り 3月は、2008年の金融危機以来最悪の銀行倒産を記録したが、それでも一部の投資家は、金融セクターの長期的な健全性への賭けを強化するために、傷ついた金融株を買い集めること...
金融占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/3/27~の週)

20年にわたる冥王星の水瓶座への進入が始まった週である。 大変なことです。 銀行危機はまだ消えていませんが、世界の株式市場は3月15日から20日にかけての安値を維持しました。 これは、世界の金融・銀行システムに対する脅威に関する大きなヒステリーと重なったジオコズミックの津波の真っただ中でした。
金融占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/3/20~の週)

先週は、牡羊座と山羊座の最後の度数で金星が冥王星とスクエアになり(危機)、その後、金星が牡牛座に入り(救出と回復)、金星はお金のサインである牡牛座を支配しているので、銀行の苦境と救済活動が金融関連のニュースイベントを支配しました。
金融占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/3/13~の週)

私たちは今、今年のより重要なジオコスミックな時間帯のひとつを始めています。 3月12日、木星はカイロンと合流します。 このアスペクトはあまり研究されていませんが、その惑星周期は13年から19年の範囲です。 両方の惑星が牡羊座にあるため、戦争の脅威に関連するテーマがあるかもしれません。 このテーマは、3月14日から16日にかけての火星(牡羊座の支配者)のトランジットで、魚座の太陽と海王星の両方とスクエアアスペクトを形成することでさらに裏付けられる。