金融占星術

未来は暗いか、それとも希望か(金融占星術2022/8/8~の週)

8 月 1 日に牡牛座で火星、天王星、月の北ノードが重なるという極めてまれな配置を目撃し、ジオコズミック的な重要な反転日となったこの週、多くの金融市場が興味深いパフォーマンスを示した。
西洋占星術

グレートコンジャンクション後のフェーズ(金融占星術2022/8/1~の週)

金利は再び急上昇、GDPは2四半期連続でマイナス圏に転落、今週末は2つの小惑星が地球に向かって突進、そして株式市場は大喜び! まさに木星のような上昇。しかし実は、木星はピークを迎えている。
金融占星術

高ボラティリティゾーンに突入か(金融占星術2022/7/25~の週)

この週刊金融占星術シリーズ記事は、毎週土曜に発表されるレイモンド・メリマンの金融占星術レポートを、日本語訳し、独自編集で毎週お届けしているものです。株式市場、金融マーケット、世の中の動きについて、次週とこれから先を西洋占星術で予測したも...
金融占星術

株価の方向性は(金融占星術2022/7/18~の週)

世界の株価指数のトレンドの主導権をめぐる綱引きは続いている。6月16日から20日にかけての安値が引き続き多くの地域で維持されており、強気の根拠となっている。しかし、チャートパターンは、米国では2-4週間の取引サイクル以外のどのサイクルでも高値切り下げと安値更新を続けており、強気派が主導権を握るには、これを変えなければならない。
金融占星術

相場の下落は終わりなのか、まだ途中なのか(金融占星2022/7/11~の週)

2020年12月20日の木星・土星コンジャンクション以降の株式市場の挙動は、前回2000年にこの二つの惑星がコンジャンクションしたときのパターンに非常によく似ている。実際、1999年末から2000年初めにかけて、木星と土星は牡牛座で合体し、水瓶座の天王星とスクエアになった。2020年後半から2021年にかけて、木星と土星は再び合体し、今度は水瓶座で牡牛座の天王星とスクエアになる。
金融占星術

長期的な株価暴落サイクルについて(金融占星術2022/06/27~の週)

世界の株式市場に関しては、先週は非常にポジティブな展開となった。6月18日の金星と土星のスクエアを受け、多くの株価指数が年初来安値を更新して前週を終えたからである。このコラムで何度も述べ、また金融占星術の基本的な考え方でもあるが、金星と土星のハードアスペクトで下落する相場は「買い」の候補となるのである。
金融占星術

荒れる世界の株式のこの先(金融占星術2022/6/20~の週)

金星が天王星とコンジャンクション(6月11日)、土星と天王星の「トランスレーション:変換」と言われるスクエア(6月18日)を目撃し、ちょうど真ん中に太陽のスクエア海王星がある週(6月16日)に、多くの市場は打ちのめされた。これらは "ミニパニック "のサインである。
金融占星術

金融占星術で見る、短期・長期の経済と世相(2022/6/13~)

現在のインフレ状況は、1980年代に入ってから見たものに近い。ジョー・バイデン大統領の下での経済と株式市場の道筋は、前回の45年間の土星/天王星の減退スクエアサイクルの下で務めた米国大統領、ジミー・カーターのそれと非常によく似たパターンを辿っているのです。
金融占星術

短期的に暗号通貨に注目(金融占星術2022/6/6~の週)

6月3日(金)、トリックスターである水星の逆行が終わり、牡羊座の火星と木星の米国株式市場の上昇が一旦停止した。これは、「バズキル:ムードを壊す人」である土星が逆行する1日前でもあった。水星逆行の中間点である5月20日に記録した最近の安値以降、世界中の株式市場が上昇しているにもかかわらず、複数の著名な企業幹部(イーロン・マスク、ジェイミー・ダイモンなど)が、今後の経済問題を警告するようになった。
金融占星術

アメリカ市場は反発だが、継続するのか(2022/5/30~の週)

レイモンド・メリマン氏による、西洋占星術の観点から見た、世界の株式・金融市場の動き。週刊レポートの和訳です。来週の短期的な動きから、長期的な見方まで分析しています。