水星逆行

金融占星術

火星と海王星のスクエア(金融占星術2022/10/17~の週)

10月12日に受動的・攻撃的な火星と海王星のスクエアが起こり、10月13~14日には双子座の月と同じく空気のサインである天秤座の太陽がムチのように動く週であった。
金融占星術

惑星の動きと今の世界のマーケット(2022/10/3~の週)

水星逆行サイクル中(9月10日~10月2日)は大荒れでしたね。 ジオコスモスの観点から見ると、木星、土星、天王星が互いに「ハード」なアスペクトを持つ、今年最も強力な天体パターンと重なったからだ。
金融占星術

アメリカ市場は反発だが、継続するのか(2022/5/30~の週)

レイモンド・メリマン氏による、西洋占星術の観点から見た、世界の株式・金融市場の動き。週刊レポートの和訳です。来週の短期的な動きから、長期的な見方まで分析しています。
金融占星術

2月から3月にかけての見通し。金融占星術(2022/2/7~の週)

金融・株式の動きと、メリマン氏の西洋占星術。注目の星の動き:水星逆行、太陽が土星・天王星スクエアに絡む、冥王星、金星火星合、海王星・木星合、米国冥王星リターンなどについて。
金融占星術

異様な株式相場とアストロロジー(2022/1/31~の週)

1月後半の大荒れ相場の原因は、1)FRBの政策変更、2)40年以上ぶりの高インフレ率、3)オミクロンの変種による自宅待機の記録、4)ウクライナ問題でのロシアの軍事衝突の脅威のエスカレート。
金融占星術

短期的には水星と金星の逆行、中期的には海王星・木星合の影響(金融占星術2022/1/24~の週)

FRBは2週間前にインフレ対策として早期の利上げを発表しましたが、今度は中国が逆のアプローチを発表しています。 中国は、低迷する自国経済を支えるために金利を引き下げようとしています。歴史が未来を導くとすれば、中国の発表は自国の株式市場を支えるはずですが、FRBの発表は明らかに自国の株式市場を支えてはいません。2つの異なる病気と戦うための2つの異なる薬、そしてそれぞれのケースで、結局はもう一方の病気を引き起こすかもしれない。典型的なトリックスター(水星逆行)のジレンマであり、選択しなければならないときに、どちらの戦いが価値があるのだろうか?
金融占星術

金融政策や政策論争が気になる(金融占星術2022/1/17~の週)

彼がまたやってきた。トリックスターである水星逆行が、1月14日から2月4日までやってきます。この先数日、あるいは数週間、荒々しく不安定な取引環境が待ち受けているかもしれない。 1月18日天王星が逆行を終えて直進することで、さらに混沌としてくる可能性がある。不安定で、突然の混乱や予期せぬ出来事を引き起こします。
金融占星術

逆行惑星が6個と多い10月のスタート(2021/10/4~の週)

世界の株式市場は先週力強く始まり、9月20日の安値から上手く上昇しました。しかしその後、マーキュリー・ザ・トリックスターは9月27日月曜日に逆行し、8月から9月初旬にかけての史上最高値および数年来の最高値だったところから、下落が始まり、この週の後半まで続きました。
金融占星術

起こりうる変化と改革(金融占星術2021/9/27~の週)

通過する太陽、金星、または火星が土星/ウラヌススクエアに困難なアスペクトを作るとき、金融市場は突然の急激な動きになりがちです。先週、世界の株価指数、貴金属、財務省、通貨、暗号がすべて突然逆転し、急激な動きを見せたため、今回も例外ではありませんでした。これは、世界政府と中央銀行のリーダーと恒大集団などの一部の会社からの、運命の驚くべき転機の発表と一致します。
金融占星術

アメリカ冥王星リターンと金融市場の行方(2021/5/31~の週)

水星逆行期間は5月30日から6月22日です。6月11日に日食が近づき、「ミュータブルな狂気」の数週間と見なします。ワイルドでエキサイティングですが、突然の出来事、予期しない政策の変更、金融市場を揺るがし、社会不安やポピュリストの蜂起と一致する可能性。多くの誤った噂に満ちている期間。