水星逆行

西洋占星術

メリマン金融占星術週報訳(2024/4/1)

レイモンドメリマンの3/29付け週刊レポート訳 振り返り 米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は金曜日に、「予想通りの結果になるのは良いことだ」と述べた。FRB高官は先週、年内に3回の利下げを行うとの見通しを再確認したが...
西洋占星術

メリマン金融占星術週報訳(2024/3/25~)

レイモンドメリマンの3/22付け週刊レポート訳 振り返り ダウ工業株30種平均は金曜日に下落したが、記録的なセッションを連発し、今年最高の週となった……市場が楽観的である理由のひとつは、今週の連邦準備制度理事会(FRB)にある。中央銀行は金...
西洋占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/12/18~)

レイモンドメリマンの12/15付け週刊レポート訳 振り返り 今週、(FRBは)方向転換した。パウエルFRB議長は水曜日、中央銀行総裁会議後に記者団に対し、「(インフレと雇用の)両方の指令が重要だという時点に戻りつつある」と語った。この方針は...
西洋占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/12/11~)

レイモンドメリマンの12/8付け週刊レポート訳 振り返り 労働省が金曜日に発表したところによると、雇用者数は季節調整済みで先月19万9000人増加した。11月の雇用者数は約16万9000人で、10月の18万人をわずかに下回った。失業率は3....
西洋占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/8/21~)

レイモンドメリマンの8/18付け週刊レポート訳 振り返りとプレビュー 北京とモスクワが新しい世界秩序を謳ったのはわずか1年前のことだが、その経済状況は急速に崩壊しつつあるようだ。ニュースは厳しいものだが、各国はそれぞれの方法で経済問題に対応...
金融占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/5/15~)

水星逆行(別名「トリックスター」)の最終週は、特に5月9日の太陽と天王星のコンジャンクションの後に、トレーダーにとって本当に厄介なものであることが判明しました。 この2つの乱れの典型的な形で、いくつかの金融市場はテクニカルな売買シグナルを無視し、「正常な」高値と安値の周期的な時間帯を歪めて表示させた
金融占星術

メリマン金融占星術週報訳(2023/4/17~)

世界の株価指数は、3月13日~20日の一次サイクルの安値から先週末まで上昇を続け、4月11日~21日の強力なジオコズミック的反転ゾーンが襲いかかったのは、金星と土星のスクエアであり、小売売上高(金星)に失望した(土星)ことがきっかけで上昇を続けました。
金融占星術

レイモンドM週報(2023/1/16~)

先週末の火星直行転換劇は、世界の主要株価指数の大幅上昇と重なり、すべての弱気専門家に対する復讐劇のようだった。 1月18日まで逆行中の水星も、これ以上ないほど喜んでいる。
金融占星術

火星と海王星のスクエア(金融占星術2022/10/17~の週)

10月12日に受動的・攻撃的な火星と海王星のスクエアが起こり、10月13~14日には双子座の月と同じく空気のサインである天秤座の太陽がムチのように動く週であった。
金融占星術

惑星の動きと今の世界のマーケット(2022/10/3~の週)

水星逆行サイクル中(9月10日~10月2日)は大荒れでしたね。 ジオコスモスの観点から見ると、木星、土星、天王星が互いに「ハード」なアスペクトを持つ、今年最も強力な天体パターンと重なったからだ。