金融占星術

木星と海王星の合を前に(金融占星術2022/3/14~の週)

木星、海王星、魚座は、大きな力への信仰、奇跡への信仰、そして新しい世界の殉教者や英雄の出現のためにあらゆる困難に立ち向かうヒロイズムの存在の重要性を指摘しています。今こそ、専制君主ではなく英雄、聖人や徳のある人になるべき時であり、欺瞞、操作、裏切りによって他人が自分に寄せる信頼を冷笑的に裏切る人であってはならないのです。
金融占星術

西洋占星術の観点からの株式金融市場の動向(2022/3/7~の週)

戦争が勃発すると、金融市場の予測は決して容易ではありません。 経済や株式市場への影響について誰もが悲観的になるが、多くの場合、株式市場は当初予想されたほどには下落しないことが多い。下落幅が大きいのはむしろ経済危機の結果である。
金融占星術

ジオコズミックな観点から、戦争とマーケットについて(2022/2/28~の週)

レイモンドメリマン氏の週間予測。金融占星術で世界の株式・商品マーケット、世界情勢を解説。気になるロシアのウクライナ侵攻の今後と株式市場への影響は。
未分類

世界株価の急落と金融占星術(2022/2/14~の週)

ウクライナ危機、インフレと金利問題が株式金融市場にどう影響を与えるのか。金融占星術から解説。そしてアメリカ冥王星リターンとなる2月、何が起こるのか?
金融占星術

2月から3月にかけての見通し。金融占星術(2022/2/7~の週)

金融・株式の動きと、メリマン氏の西洋占星術。注目の星の動き:水星逆行、太陽が土星・天王星スクエアに絡む、冥王星、金星火星合、海王星・木星合、米国冥王星リターンなどについて。
金融占星術

異様な株式相場とアストロロジー(2022/1/31~の週)

1月後半の大荒れ相場の原因は、1)FRBの政策変更、2)40年以上ぶりの高インフレ率、3)オミクロンの変種による自宅待機の記録、4)ウクライナ問題でのロシアの軍事衝突の脅威のエスカレート。
金融占星術

短期的には水星と金星の逆行、中期的には海王星・木星合の影響(金融占星術2022/1/24~の週)

FRBは2週間前にインフレ対策として早期の利上げを発表しましたが、今度は中国が逆のアプローチを発表しています。 中国は、低迷する自国経済を支えるために金利を引き下げようとしています。歴史が未来を導くとすれば、中国の発表は自国の株式市場を支えるはずですが、FRBの発表は明らかに自国の株式市場を支えてはいません。2つの異なる病気と戦うための2つの異なる薬、そしてそれぞれのケースで、結局はもう一方の病気を引き起こすかもしれない。典型的なトリックスター(水星逆行)のジレンマであり、選択しなければならないときに、どちらの戦いが価値があるのだろうか?
金融占星術

金融政策や政策論争が気になる(金融占星術2022/1/17~の週)

彼がまたやってきた。トリックスターである水星逆行が、1月14日から2月4日までやってきます。この先数日、あるいは数週間、荒々しく不安定な取引環境が待ち受けているかもしれない。 1月18日天王星が逆行を終えて直進することで、さらに混沌としてくる可能性がある。不安定で、突然の混乱や予期せぬ出来事を引き起こします。
金融占星術

金星の逆行と世界の株価の関係(2022/1/10~の週)

先週のコラムで「金星が1月29日まで逆行している間に、そしておそらくその通過の中間点である来週末(1月8~9日)に近い時期に、中央銀行からの重要な発表が行われると思われる」と述べた。実際、1月5日(水)、金星の逆行が世界の株式市場に衝撃を与えた。
金融占星術

金融占星術で見る、新年の始まり(2022/1/3~の週)

この週刊金融占星術シリーズ記事は、毎週土曜に発表されるレイモンド・メリマンの金融占星術レポートを、意訳し、独自編集で毎週お届けしているものです。株式市場、金融マーケット、世の中の動きについて、次週とこれから先を占星術で予測したもので、メリマン氏の見解をもとにしていますが、分かりやすくするため一部編集・アレンジを行っています。